MacやiPhoneのメモがiCloudで同期されない時に試したいこと

MacやiPhoneでメモを同期されている方は多いのではないでしょうか。 例えば、ちょっとしたアイデアを移動中にiPhoneのメモに書き留めておき、あとでMacを開いた時にそれらのメモをブログの記事にしたり、加工して資料にまとめたりなど、何かと便利なメモの同期ですが、メモが同期されずに困ったことがあったので、注意点と対応策についてまとめました。

MacのメモのiCloud同期設定の確認

まずはMac側の設定を確認しましょう。

メモが同期されるのはiCloudのみ

同期したいメモが正しい場所に保存されているか確認しましょう。

メモ内にはiCloudのアカウントとローカルストレージがありますが、メモが同期されるのはiCloudアカウント内のメモのみとなります。同期したいメモが、下の画像のようにiCloudアカウントの中にあるか確認してください。

macのメモ

メモにiCloudが表示されない場合

メモ内のアカウントにiCloudが表示されない場合は、iCloudの設定でメモの同期がオフになっている可能性があります。 画面左上のアップルマークから『システム環境設定』を開いてください。

システム環境設定を開き、今度は赤枠内の『iCloud』を開きます。

システム環境設定内ICloud

iCloudを開くとiCloudのアカウント名が左側に表示されていると思います。 そのアカウントで同期するアプリケーションにチェックを入れます。 今回はメモの同期が目的なので、メモにチェックが入っていなければチェックし直します。

iCloud設定

iPhoneのメモiCloud同期設定の確認

iPhoneで書いたメモがうまくiCloudに共有されない場合はメモの保存場所がiPhoneのローカルストレージになっている可能性があります。iCloud内にメモを作成する方法とローカルストレージにあるメモをiCloudのメモに移動する方法について説明します。

iCloudで共有されるメモを作成する

『メモ』を起動したら左上の『< フォルダ』をタップし、iCloudの赤枠内のいずれかのフォルダをタップしてメモを作成した場合、iCloudで共有されるメモが作成できます。

なおメモは画面右上の『編集』をタップすることで、フォルダ名を任意の名前で作成でき、多段階層にしたり、並び替えすることも可能です。

iPhoneのメモのicloud共有

下段のメモはiPhoneのローカルデータとなり、iPhone内でのみ保存されます。

iPhoneのローカルにあったメモをiCloud内に移動する

ローカルに保存してあったメモをiCloud内のメモに移動する方法について説明します。

まずはメモのフォルダ一覧画面のローカルストレージからiCloudに移動したいメモを開き、右上の丸の中に三点リーダーのあるアイコンをタップします。

iPhoneのローカルメモをiCloudに移動させる手順1

メニューが表示されますので、下までスクロールして『メモを移動』をタップすると再びフォルダ一覧が表示されるのでiCloud内の任意の場所を選択すればメモの移動が完了します。

iPhoneのローカルメモをiCloudに移動させる手順2

以上で同じiCloudアカウントの端末から共有したメモが確認できるようになります。

まとめ

以上iCloudでメモがうまく共有されない時の対処方法について解説しました。iPhoneとMacなど複数の端末を使っている人にとってはiCloudは必須の機能なので必ず使いこなしたいですね。

他にもiPhoneについての記事がありますのでよければ御覧ください。

iPhoneを使いこなしたい人が知っておきたい知識まとめ
iPhoneを使いこなしたい人が知っておきたい知識まとめ
iPhoneを使いこなす上で知っておきたい知識をまとめました。