iPhoneの写真をheicではなくjpgで保存する設定方法

iphoneの画像をHEICではなくJPGで保存されるように設定する

iPhoneの写真を撮影した時、画像データがheicという拡張子になっていて戸惑ったことはありませんか?iOS11から写真の標準フォーマットとして採用されたheicですが、互換性の高いjpgで保管したいと思うことはあるでしょう。今回はその設定方法について解説します。

iOSの画像標準フォーマットheicとは

heicとはiOS11から採用された画像の標準フォーマット、HEIF(High Efficiency Image File Format)というファイル形式の拡張子です。jpegに比べ、画質を落とさずにファイルサイズを小さくできるということで、スマホで沢山写真を撮る人にとってはストレージの容量を節約できるありがたいファイルフォーマットです。

ファイルサイズを小さくできるというメリットがある一方で、互換性に関しては高いとは言えません。heic画像をjpeg(jpg)画像に変える<手順については別の記事で解説していますのでそちらをご覧ください。

MacやWindowsでheicをjpegに変換する方法
MacやWindowsでheicをjpegに変換する方法
IOSの標準画像フォーマットであるHEICファイルをMacやWindowsなどでjpegフォーマットに変換する方法について説明します。

iPhoneで撮影した写真がjpeg(jpg)で保存されるように設定する

iPhoneで保存される画像のフォーマットを変えるのは難しくありません。

ポイント
  1. 設定(歯車アイコン)を開く
  2. 『カメラ』→『フォーマット』
  3. 『高効率』(HEIC)から『互換性優先』(JPEG)に切り替える
iphoneの画像をjpgで保存する設定

これでiPhoneで撮影した画像がjpgで保存されるようになります。HEICファイルと比べ画像サイズが2倍近くなってしまう点には注意したいところです。

まとめ

HEICファイルはあまり見かけないため、スマホをiPhoneに変えたばかりの人などは特に戸惑うかもしれませんが、画像サイズが小さいため、ストレージの節約にはかなりの恩恵があります。日頃からiPhoneで写真を沢山撮るという人は普段はHEICで撮影し、互換性が求められる場面でのみ、jpgに切り替えるのもいいかもしれませんね。