スプレッドシートでチェックボックスを作成する方法

スプレッドシートで様々なファイルを作成している時にチェックボックスを使いたくなることはありませんか? スプレッドシートでチェックボックスを簡単に追加することができます。 これがあればTODOリストなんかも簡単に作れますね。それではやり方をみていきましょう。

スプレッドシートのチェックボックスの作り方

まずはチェックボックスを追加したいセルを選択状態にします。

セルが選択された状態のままメニュー項目の「挿入」→「チェックボックス」を選択してください。

するとセルに空の状態のチェックボックスが作成されます。

チェックの入ったチェックボックスはステータスが”TRUE”、チェックの入っていないチェックボックスのステータスが”FALSE”になるのが確認できます。

ステータスの項目は変更できる

デフォルトのチェックボックスではステータスの値がTRUEかFALSEでしたがこちらの値を変更することも可能です。変更したいチェックボックスを選択した状態で「データ」→データの入力規則を選択

すると「データの入力規則画面」が出てきます。

カスタムのセル値を使用するにチェックを入れると「チェックマーク付き」と「チェックマークなし」という2つの入力欄が出てきます。

ここでは「チェックマーク付き」のほうに「はい」を、「チェックマークなし」のほうに「いいえ」を入れてみました。

チェックボックスを選択してみるとステータスの内容が変わっていることが確認できます。

チェックボックスを利用した応用例

チェックボックスを用いた応用例をいくつか紹介していきましょう

チェックの数をカウントして表示させる

チェックボックスにチェックが入っている状態のステータスをカウントします。

=countif(B5:B30,”true”)

チェックボックスに入っているものを条件に沿ってカウントするにはcountif関数を利用します。 例文はB5からB30のセルにtrueがあった場合、その数をカウントし表示するものになっています。

チェックボックスは条件付き書式を組み合わせることで、チェックが入った行のみ色をつけるといったことも可能です。 条件付き書式についてのこちらの記事内で解説していますのでよければあわせてお読みください。

スプレッドシートの条件付き書式
スプレッドシートの条件付き書式で文字や背景の色を変える方法
スプレッドシートに入力されたテキストや値に応じて、自動で文字や背景の色を変わるようにしたいと思ったことはありませんか?そのような時は条件付き書式を設定することで解決できます。

まとめ

いかがだったでしょうか。意外と簡単にチェックボックスは作成できるんですね。チェックボックスとプルダウンリストは操作性の幅が広がるので積極的に活用したいですね。

スプレッドシートでプルダウンを設定する
スプレッドシートでプルダウンリストを作成する方法
googleのスプレッドシートでプルダウンリストを作成する方法について写真を交えながらわかりやすく解説していきます。