Googleが提供するクラウドベースの表計算アプリであるGoogle Sheets、日本ではスプレッドシートとかスプシと呼ばれることが多いですがITスキルの必須ともいえるスプレッドシート初心者が一通り使いこなせるレベルになるよう、これまで当サイトで紹介してきた記事を体系的にまとめました。

スプレッドシートを使いこなすポイント
  • 基本的なことを理解する
  • データを作成する
  • データを活用する

スプレッドシートの基礎知識

スプレッドシートを知る

まずは表計算アプリケーションであるスプレッドシートの基本的なことを理解しておきたいところです。同じ表計算ソフトであるエクセルとの違いや、なぜスプレッドシートが優れているのかを理解できれば使いどころや学ぶべき理由が明確になるはずです。

スプレッドシート
スプレッドシートの基本的な使い方マニュアル(作成と共有)
スプレッドシートとエクセルの互換性や違い
スプレッドシートとエクセルの違いと互換性、変換方法を解説
同じ表計算アプリケーションであるスプレッドシートとエクセル。両者の違いや、ファイルの互換性、変換方法について丁寧に解説しています。

スプレッドシートの基本操作

スプレッドシートでよく利用する基本的な操作方法や機能について説明している記事です。必要に応じて読んでもらえればと思います。

スプレッドシートに限らず、表計算ソフト初心者が改行しようとして次のセルに移動しちゃうとのはあるあるだと思います。基本的な操作ですが知らないと恥ずかしい。

セル内で改行する
スプレッドシートのセル内で改行する方法(Mac, Windows, iPhone)
スプレッドシートのセル内での改行をMac、Windows、iPhone、それぞれの環境から行う方法について写真つきで丁寧に解説しています。

スプレッドシートに連続した値や文字列を入力をする際は、ある程度自動化できるオートフィルという項目があります。こんp操作を知らないままスプレッドシートを使い続けると膨大な時間を無駄にしてしまうことになりかねないので、必ず覚えましょう。

スプレッドシートでオートフィルを行う方法
スプレッドシートのオートフィルで連続データを自動入力する方法
繰り返し入力する手間を省き自動で入力してくれるオートフィル。数字、連番、日付、曜日、数式、関数のオートフィルとiPhoneやiPadなどスマホやタブレットでの操作方法まで詳しく解説します。

様々なデータのリストを作っていると連番を振りたくなることはあると思います。オートフィルを使用した単純な方法から、関数を用いた連番の振り方まで詳しく解説しています。

スプレッドシートで行や列に番号(連番)を振る方法
スプレッドシートの列や行に連番を振っていきたい。シンプルに番号振っていく方法と、セルや行が消えても連番が崩れない関数を利用した方法の二通りのやり方についての手順と方法を写真付きで解説します。

スプレッドシートの強みは複数人での作業やファイルの共有が簡単に行えることです。その一方で誰かがファイルのデータを誤っていじってしまう可能性があります。そんな意図しない改変を防ぐため、必要に応じてセルやシートを保護してあげるといいでしょう。

セルやシートを保護する
スプレッドシートで特定のセルやシートを保護、解除する方法
スプレッドシートを共有する時に、変更を加えてほしくない内容がある時は保護機能を使いましょう。範囲を指定して保護する方法と、保護を解除する手順についてわかりやすく説明します。

スプレッドシートは別のシートからデータを引っ張ってこれるのも魅力の一つです。シートごとに情報やデータを整理して必要な部分のみ別シートから読み込んでやるようにすれば見やすいデータを作りやすくなります。

スプレッドシートで別シートの値を参照する方法
スプレッドシートで別シートのデータを参照する方法について画像を交えてわかりやすく説明します。

データを作成する

『表示形式』、『データの入力規則』、『条件付き書式』の理解

スプレッドシートをいじりだした時に混乱してしまいがちなのが、『表示形式』と『データの入力規則』、『条件付き書式』の3つ。それぞれ使い所を理解しておきましょう。

表示形式

表示形式とは日付のフォーマットであったり、通貨の単位、小数点の表示桁数など、同じ値をどのように表示させるかのことです。

データの入力規則

データの入力規則とは、どのような値を受け付けるかのルール設定です。例えばスプレッドシートでカレンダーから日付を選択させたり、プルダウンリストによって予め選択肢が絞られているのもデータの入力規則によるものです。

条件付き書式

条件付き書式とは、指定したセルの条件に応じて装飾などを変えるための設定です。関数などを指定したセルが、他のセルの値が変わることで影響を受けた場合、その結果が条件を満たしていれば、動的に装飾が変わります。

スプレッドシートの条件付き書式
スプレッドシートの条件付き書式で文字や背景の色を変える方法
スプレッドシートに入力されたテキストや値に応じて、自動で文字や背景の色を変わるようにしたいと思ったことはありませんか?そのような時は条件付き書式を設定することで解決できます。

操作性に配慮する

スプレッドシートデータの目的によってはチェックボックス、プルダウンリスト、カレンダー入力などマウスだけで操作できる機能をうまく織り込むことで操作性があがる可能性がありますので、メリットを理解したうえでうまく使用したいところです。

ToDoリストやチェックリストなどを作るときにはチェックボックスが便利です。

スプレッドシートでチェックボックスを作成する方法
スプレッドシートでチェックボックスを作成する方法と、それを応用した活用方法について説明します。

選択肢を絞ったうえで選択してもらいたい時はプルダウンメニューが便利です。

スプレッドシートでプルダウンを設定する
スプレッドシートでプルダウンリストを作成する方法
googleのスプレッドシートでプルダウンリストを作成する方法について写真を交えながらわかりやすく解説していきます。

日付入力の際にカレンダーから選択入力させる方法です。

スプレッドシートで日付をカレンダーから選択できるようにする方法
スプレッドシートでカレンダーから日付を入力する設定を解説します。表記揺れを防ぎ、キーボード操作を省くなどのメリットを理解したうえで適切に使えるととても便利です。

プルダウンメニューの発展型として1つ目のプルダウンメニューに連動させる方法についての解説です。

プルダウンを連動させる方法
スプレッドシートのプルダウンを連動させる方法
スプレッドシートのプルダウン項目を選択した時に、選択肢に応じて別のプルダウン項目の選択肢が変化するように、プルダウン項目同士を連動させる方法について画像付きで丁寧に解説します。

スプレッドシートで数式や関数を用いたセルをコピーしていく時に参照セルの値が意図したとおりになるよう参照方法を理解する必要があります。絶対参照の『$』の使い方は必ず理解しておきましょう。

絶対参照と相対参照
スプレッドシートで計算式コピー時に参照セルの行や列を固定する方法
スプレッドシートで計算式や関数の含まれるセルをコピーした時に,計算式内の参照セルが意図せずズレてしまったことはありませんか?そんな時は絶対参照を複合参照を適切に使うことで解決できます。『$』をうまく使って意図しない参照値のズレを避ける方法について説明します。

投資や資産運用にスプレッドシートを活かす

スプレッドシートには為替レートや株価などを取得してくれるgooglefinanceという関数があります。

スプレッドシートで株価や為替レートを取得し表示させる方法
Googleのスプレッドシートを使って資産管理を行うために株価や為替の取得方法についてまとめました。

スプレッドシートの数式や関数を使いこなす

スプレッドシートは数式や関数を使いこなせるようになるとできることが大幅に増えます。基本の四則演算は必ず抑えておきましょう。

スプレッドシートで足し算、引き算、掛け算、割り算を行う
スプレッドシートで足し算、引き算、掛け算、割り算を行う方法
スプレッドシートで足し算、引き算、掛け算、割り算といった四則演算を行うための方法をまとめました。

関数は人によってよく使うものが変わってくると思います。まずは基本的な関数のなかでどのようなものがあるかを知り、少しずつ使えるものを増やしていくのがいいでしょう。

便利な数式と関数
スプレッドシートで最初に覚えたい便利な基本関数一覧
スプレッドシートで足し算、引き算、掛け算割り算といった計算から、最初に覚えると便利で使い勝手のいい基本的な関数を紹介します。

スプレッドシートで見た目を調整する

スプレッドシートは個人で使っていても十分便利ですが、複数人でデータを共有したり、共同編集する時に本領を発揮します。データ量が増えれば増えるほど、いかにして視覚的に表を見やすく整えるかはとても重要になってきます。条件付き書式をうまく活用することで、数値がプラスかマイナスかや、指定の数値以上などの条件によって文字色や背景色を変えるといったようなことが可能になります。

スプレッドシートの条件付き書式
スプレッドシートの条件付き書式で文字や背景の色を変える方法
スプレッドシートに入力されたテキストや値に応じて、自動で文字や背景の色を変わるようにしたいと思ったことはありませんか?そのような時は条件付き書式を設定することで解決できます。

行や列が長いデータは見出しを固定してやることで見やすくなります。

スプレッドシートで見出しの行や列を固定する方法
スプレッドシートでシート内をスクロールしてるうちにどの段を見てるのかわからなくなってしまうことはありませんか。そんな時は見出し項目の行や列を固定することでデータが見やすくなります。この記事では行や列を固定する方法を詳しく解説しています。

プレゼン用の資料や報告資料などではグラフを使うことで情報を視覚的に伝えやすくなります。使用頻度の高い折れ線グラフをまずは活用してみましょう。

スプレッドシートで折れ線グラフを作成する
スプレッドシートで折れ線グラフを作成する方法
スプレッドシートではグラフを簡単に描画できます。グラフの中でも最も一般的、かつ使用頻度の高い折れ線グラフの作成・編集方法について説明していきます。

適切なグラフを用いて視覚的に表現する

スプレッドシートは何もしたいと数字だらけで見にくくなってしまいがち。見やすい資料として完成度を上げるためには適宜グラフを活用して視覚的に表現してあげるといいでしょう。

スプレッドシートで円グラフを作成する
スプレッドシートで円グラフを作成する方法
スプレッドシートにはグラフ描画機能が備わっています。今回はシェアや構成比などの比率を視覚化するのに便利な円グラフについて説明します。
横棒グラフ
スプレッドシートで棒グラフを作成する方法
単純な数値の比較を視覚的に表現する時に便利な棒グラフの作り方について説明します。
スプレッドシートで組織図を作成する方法
スプレッドシートで散布図を作成する方法
2つの数値の関係性や相関関係を見るためにデータを視覚的に表すしたい時に便利なのが散布図です。今回はスプレッドシートで散布図を作成する方法について説明します。

データを使いこなす

スプレッドシートに溜め込んだデータを使う段階になると抽出や並び替えを行う必要が出てきます。

フィルタを活用して並び替えと抽出を行う
スプレッドシートのフィルタでデータの並び替え、抽出を行う方法
大量のスプレッドシートデータの中から条件に応じて並び替えたり抽出したい時に便利なのが『フィルタ』と『フィルタ表示』です。今回はフィルタの基本設定とフィルタ表示との違いと使い分けについて徹底的に解説していきます。

さいごに

スプレッドシートはとても便利かつ強力なツールです。会社や組織に属していたとしても、個人で活動していたとしても、投資やビジネス、趣味においても間違いなく使えるようになっているべき最強のツールだと思っています。

英語やプログラミングなどと比較して、目立つ存在ではありませんが、基礎能力として身につけておけば損することはないでしょう。