スプレッドシートで最初に覚えたい便利な基本関数一覧

便利な数式と関数

スプレッドシートで関数が扱えるようになると、使用用途が格段に増えます。今回は社会人としてだけでなく、個人のスキルアップとしても必ず身につけたい基本的な関数を解説したいと思います。

関数とは?数式や関数を扱う時のポイント

関数とは望む結果を効率的に計算してくれる数式のようなものです。 最初は少し難しく感じたりしてしまうかもしれませんが、使い慣れると多くの作業が関数なしには考えられなくなります。 目的地に向かうのにバスや電車、バイク、自転車など様々な交通手段があるのに似ています。 まずが簡単にポイントを確認しましょう。

ポイント
  • 関数とは望む結果を求めてくれる数式のようなもの
  • 関数や数式を使いたいセルは『=』の後に入力する
  • 数字は半角で打ち込まないと文字列と認識されてしまう
  • 数式や関数を入れた後は、必ず確定のreturn(enter)キーを押す
  • 範囲を選択する時はマウス操作で指定することも可能

数字を扱う関数

主に数値を扱う関数です。足し算、引き算、掛け算、割り算といった四則演算(加減乗除)に関しては下記の記事で解説していますので合わせて御覧ください。

https://truenote.jp/

SUM関数 数値を合計する

加減乗除の中で説明した足し算ですが、いくつもある項目をいちいち足していたのではキリがありません。そんな時に便利なのが範囲を指定して合計値を計算してくれるSUM関数です。

=SUM(範囲)

sum関数

SUMIF関数 条件にあったものを合計する

指定した範囲の中から条件にあったものだけを合計してくれます。

=SUMIF(範囲, 条件, [合計範囲])

AVERAGE関数 平均値を求める

合計値とともによく利用するのが平均値です。

=AVARAGE(範囲)

MAX関数 最大値を求める

最大値を求めます。
上で説明したAVARAGE関数とともに使うことで、テストの平均点と最高点、最低点なんかを求める時に便利ですね。

=max(範囲)

MIN関数 最小値を求める

最小値を求めます。

=min(範囲)

カウントする関数

COUNT関数 項目をカウントする 

=count(範囲)

COUNTIF関数 条件に応じてカウントする 

指定した範囲内で条件を満たすものだけカウントしたい時に使用します。

=countif()

COUNTBLANK関数 空白のセルをカウントする 

値の入っていない空白のセルの数をカウントしたい時に使用します。

=COUNTBLANK(範囲)

LEN関数 文字数をカウントする

文字数をカウントしたい時に使用します。

=LEN(範囲)

シンプルだけど意外と使う関数

if関数

論理式を満たした時と、そうでない時で処理を分ける方法です。

=if(論理式,TRUE,FALSE)

ROUND関数(四捨五入)

指定した数値を四捨五入する関数です。

=ROUND(数値,桁数)

ROW関数 行数を返す

入力したセルの行番号を表示する。

=ROW()

COLUMN関数 列数を返す

=COLUMN()

表の行や列に連番を振りたい時にとても便利です。

スプレッドシートで行や列に番号(連番)を振る方法

IFERROR関数(エラーが起きた時の表示)

エラーが起きたに返す値を指定できます。
スプレッドシートを共有した時などに、慣れていない人にとってはエラーメッセージって怖いですよね。
エラーメッセージをわかりやすくしてあげることは思いやりの一種だと思います。

=iferror()

範囲内から検索条件で値を返す関数

製品IDからスペックの一部を表示させたり、社員番号から連絡先を表示させたりといった用途で役に立ちます。

VLOOKUP関数

VLOOKUPのVはVertical(垂直、縦方向)から来ています。 表から縦方向に検索値を探し、対応した列の値を返す関数です。

=VLOOKUP(検索値,範囲,列,データの型)

HLOOKUP関数

HLOOKUPのHはHorizon(水平、横方向)から来ています。 表から縦方向に検索値を探し、対応した列の値を返す関数です。

=HLOOKUP(検索値,範囲,行,データの型)

VLOOKUP関数に関しては上で紹介した『ifferror関数』と一緒に、プルダウンを連動させるという記事で使用していますので、具体的なイメージを掴みたい場合は合わせてお読みください。

プルダウンを連動させる方法
スプレッドシートのプルダウンを連動させる方法
スプレッドシートのプルダウン項目を選択した時に、選択肢に応じて別のプルダウン項目の選択肢が変化するように、プルダウン項目同士を連動させる方法について画像付きで丁寧に解説します。

Googleの提供している関数

GOOGLETRANSLATE 翻訳

テキストを指定してソース言語からターゲット言語に翻訳してくれるグーグルの関数です。

=GOOGLETRANSLATE(テキスト, [ソース言語, ターゲット言語]) テキストの部分は直接文字を打ち込んでもセルを指定してもOK。 ソース言語とターゲット言語は2文字の言語コードで指定します。(例:英語はen、スペイン語はes等) ソース言語はautoと入れることで自動判別することも可能です。

GOOGLEFINANCE 金融データ

GOOGLEFINANCE関数は為替や株価など金融データを提供してくれるグーグル独自の関数です。

=googlefinance()

下記の記事でも紹介していますが、取得できるデータがとにかく豊富なのが魅力です。

スプレッドシートで株価や為替レートを取得し表示させる方法
Googleのスプレッドシートを使って資産管理を行うために株価や為替の取得方法についてまとめました。

IMPORTXML関数 XMLの読み込み

XMLを読み込むのに使用します。XPATHと組み合わせることでスクレイピングも可能です。

スプレッドシートでスクレイピングを行う
スプレッドシートでスクレイピングする方法
Webサイトからデータを抽出したいと思ったことはありませんか。そんな時はスクレイピングという手法を用いるのですが、実はスプレッドシートでも簡易的なスクレイピングを行うことは可能です。今回はその手法と手順について解説していきます。

IMPORTRANGE関数 他のシートを読み込む

IMPORTRANGE関数は他のスプレッドシートを読み込める関数です。元のデータが編集された際に自動的に更新されるため、他人の作ったデータを参照するなど共同作業で活躍する関数です。

=IMPORTRANGE(“スプレッドシートのURL”, “シート名!範囲の文字列”)

スプレッドシートのIMPORTRANGE関数で外部データを読み込む
スプレッドシートのIMPORTRANGE関数で外部データを読み込む
公開されているスプレッドシートデータを活用したいと思ったことはありませんか?今回は他のシートのデータを読み込めるIMPORTRANGE関数について詳しく解説していきます

まとめ

いかがだったでしょうか。 今回紹介したものを覚えていれば基本的なことには対応できると思います。