スプレッドシートのIMPORTRANGE関数で外部データを読み込む

スプレッドシートのIMPORTRANGE関数で外部データを読み込む

スプレッドシートでIMPORTRANGE関数を使用すれば、公開されているシートなど他のスプレッドシート内のデータを読み込むことが可能です。今回はIMPORTRANGE関数について詳しく解説していきます。

IMPORTRANGE関数とは

IMPORTRANGE関数とは他のシートから範囲を指定してデータを読み込むことができる関数です。読み込み元のデータは公開されているものであれば自分で作ったデータである必要はありません。また、読み込み元のデータが更新されれば取得するデータも自動で更新されます。

IMPORTRANGE関数の使い方

IMPORTRANGE関数を利用する時は、シートの場所と範囲をあわせて指定します。

=IMPORTRANGE(“シートの場所”,”範囲”)
=IMPORTRANGE(“シートID”,”第1四半期!C3:E15″)

※入力時、ダブルクォーテーションは半角にしてください

IMPORTRANGE関数で読み込むシートの指定

シートを指定するにはファイルのURL、もしくはシートIDを入力します。シートIDはURLに含まれる文字列の一部になっています。

https://docs.google.com/spreadsheets/d/シートID(文字列)/edit

IMPORTRANGE関数で読み込む範囲の指定

範囲を指定する時には『シート名!セル範囲と』いうように指定します。例えば『第1四半期』という名前のタブ内のセル範囲、C3からE15まで読み込みたいとします。その場合は下記のように記述します。

第1四半期!C3:E15

自分のシートをIMPORTRANGE関数で読み込んでもらう

ここまで自分がIMPORTRANGE関数を使って外部データを読み込むということについて書いてきましたが、他人が自分のスプレッドシートを読み込むためにはスプレッドシートの共有設定でデータを公開しなくてはいけません。

スプレッドシートを共有し、複数人で共同編集する
スプレッドシートを共有し、複数人で共同編集する
スプレッドシートはオンラインで共有し、共同編集できることが魅力の一つです。。そんな共有と複数人共同編集するための手順について解説します。

まとめ

スプレッドシートはデータの共有や共同編集といった機能が魅力の一つですが、ウェブ上には貴重なデータを公開してくれていて常に最新に更新してくれる人や団体がいたりします。をIMPORTRANGE関数を使えば、そのようなデータをうまく活用することができます。

スプレッドシートの使い方完全マニュアル
スプレッドシートの使い方 完全マニュアル
スプレッドシート初心者が一通り使えるようになるまでの知識を体系的にまとめました。