スプレッドシートで行や列を固定する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
行が1行固定されます

無料で使え共有範囲なども自由で便利なスプレッドシートですが、見出し項目として特定の行や列を固定したくなることはあるのではないでしょうか。今回はそんな手順についてまとめてみようと思います。

まずは行と列を把握しよう

行や列を固定する方法を教える前に、行と列って正しく把握できていますか?
行は英語だとrowsで列はcolumnsです。

よくある覚え方としてとても簡単なものがあるので曖昧になってる方はこれを機にしっかり覚えてしまいましょう。
行と列

まずは行という漢字の右側の偏を見てください。
横棒が日本並行して走ってますよね。
次に列という漢字の右側の偏を見てください。
なんということでしょう、縦に二本線が走っていますね。

もうお分かりのとおり、横が行、縦が列になるんですね。
一度覚えてしまうと忘れないのでこの覚え方はとても便利です。

まずは行を固定してみよう

まずはメニューから表示を選択します。
スプレッドシートの表示メニューを選択

メニュー項目が表示されるので『固定』から『1行』を選択。
表示メニューから固定を選択

1行目が固定されました。
行が1行固定されます

試しにスクロールしても1行目は表示されたままです。
スクロールしても行は固定

同じ手順で、『固定』から『1列』を選択することで列のみを固定することもできます。
また、『行なし』や『列なし』を選択することで一度固定した行や列を解除することも可能です。

行と列の両方を固定することもできる

続けて選択することで行と列の両方を固定することもできます。
行と列を両方固定した状態
この場合、行の固定した部分は列をスクロールすることで消えてしまいますし、列の固定した部分も行を固定したことで見えなくなってしまいます。

まとめ

顧客のデータなど項目が沢山あるデータを扱う時は、行や列を固定できると瞬時に見たいデータが見やすくなります。
簡単な手順でできますが、その効果は絶大なので絶対に使いこなしたい機能ですね。
以上、『スプレッドシートで行や列を固定する方法』でした。

他にもスプレッドシートに関連する記事がありますので合わせて御覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。