wordpress.comとorgの違いからサービスの特性を理解する

WordPressのcomとorgの違い

WordPressにはWordPress.comで提供されているレンタルブログ型のサービスと、WordPress.orgでダウンロードできるインストール型のパッケージの2種類があります。今回はこの2つのサービスの違いからレンタル型とインストール型の違いについて解説していきます。

WordPressとは

WordPressは世界中のプログラマーが開発に関わっているオープンソースのCMSです。世界中で最も多く使われています。

ウェブサイトのサーバーとドメイン

ウェブサイトの構造と関係性を理解するためには、不動産に例えてみるとわかりやすいでしょう。サーバーは土地、ウェブサイトは建物、ドメインは看板(表札)のようなイメージです。建物の部分は、モノを売りたいのであればECサイト、情報発信したいならブログ、単一商品の訴求ならLP(ランディングページ)といったように目的に応じて作るものを変える感じです。

例えばWordPress.comのレンタルブログはAutomattic社の土地にある建物の中の一室を借りるイメージです。この時、室内の模様替えのように見栄えを変えることはできますが、建物はすでに完成しているため、間取りなどの構造自体を大きく変更することはできません。

一方、WordPress.orgでダウンロードできるインストール型のものは、自分で借りた土地に一から建物を建てることになるため、間取りの変更であったり、物置を設置したりするなど、機能面の拡張などの自由度が高くなります。

WordPressのカスタマイズに必要な知識

WordPressはphpというプログラミング言語で書かれているため、htmlとCSS(スタイルシート)というウェブサイトを構成する最低限の知識の他に、WordPressの構造の理解とphpの知識が必要となります。

例えるなら設計図(WordPressの構造)を理解した上で、大工技術(phpの知識)が必要になるということです。少し難しく感じるかもしれませんが、幸いなことにWordPressの情報は調べれば沢山出てきますので、DIYなど自分で調べて根気強くチャレンジすることが好きな人はきっと楽しめるでしょう

レンタル型の特徴
  • カスタマイズの自由度が低い
  • 表示崩れなどのトラブルが起きにくい
  • コンテンツに集中しやすい
インストール型の特徴
  • 自由にカスタマイズできる
  • 覚えることが沢山ある
  • 画面が崩れてしまったりトラブルが起きやすい

レンタルサーバーでWordPressを始めたいひとは下記の記事を参考にしてみてください。

https://truenote.jp/best-3-rental-server-for-starting-wordpresswordpress/

まとめ

ウェブサービスを選定するにあたっては、自分の性格や目的にあったサービスを選ぶのが良いでしょう。ECサイトなどは乗り換えの手間が大きいですが、WordPressに限っていえば同じデータ構造を持っているため、どうしても無料で始めたいという場合はレンタル型で始めて、自由度に物足りなくなったらサーバーを借りて、インストールしたWordPressへ引っ越しするというのもアリだと思います。

なお、当サイトではエックスサーバー にWordPressをインストールしてお名前.com で取得したドメインで運用しています。

自分の場合、これまでいろいろなサーバーで複数サイトを運営してきたため、お名前.comでドメインを一括管理していますが、これからWordPressを始める方はエックスサーバー だけを契約すれば問題ないでしょう。プランはX10で全く問題ありません。

エックスサーバーを始めてみる