Gmailの検索を極める

Gmailの検索を極める

Gmailを利用しているとあのメールどこいったっけな?ということはあると思います。 今回はGmailの検索機能を最大限使いこなせるように日付検索やステータスでの検索、場所からの検索など様々な状況を想定しながら解説していきます。

Gmailの検索の基本

Gmailの検索は検索ボックスにキーワードを入れるだけでも可能ですが、その時に検索演算子を使うことでより高度な検索を行うことができます。検索は複数の条件を指定できます。

Gmail検索のポイント
  • 検索演算子を使えば高度な検索が可能
  • 検索条件は半角で区切って複合条件を指定できる
  • 複数の条件を指定したいときは『OR』を使う
  • デフォルトの検索範囲はゴミ箱と迷惑メール以外

Gmailの内容から検索する

件名を指定して検索する

件名に特定のキーワードが含まれているメールを検索したいことはよくあると思います。例えば件名に『プロジェクトX』と入ったメールを検索したい場合は下記のように検索してください。

subject:プロジェクトX

フレーズを検索する

メールの中にあるフレーズを検索する時は””(ダブルクォーテーション)で括ります。

“この文字列がそのまま検索される”

Gmailの送受信者を指定して検索する

送信者から検索する

送信者を指定してメールを検索するには『from:』を利用します。
例えばinfo@sample.comから受信したメールのみを検索したい場合は下記のように検索ボックスに入力します。

from:info@sample.com

上記の場合、一つのアドレスのみ指定していますが、会社によっては案内ごとにinfo@sample.com、no-reply@sample.com、sales@sample.comといったように別のメールアドレスでメールを送っていることも多

from:*@sample.com

送信者を指定する時はアドレスだけではなく、宛名でも可能です。
例えば『ヤフー』といれた場合、送信元にヤフーという名を含んだメールすべてが結果として表示されます。

from:ヤフー

受信者から検索する

受信アドレスを指定して検索したいこともあるでしょう。その時は下記のように検索します。

to:受信アドレス

同様にCC:やBCC:も指定することができます。同僚にCCで送ったメールだけを探すなどといった時に便利です。

cc:

bcc:

Gmailの場所を指定して検索する

何年もGmailを使っていると大量のメールを

ゴミ箱内を検索する

誤って大事なメールをゴミ箱に捨ててしまった時など、ゴミ箱の中にあるメールを検索したいこともあるかもしれません。例えばゴミ箱の中にある、タイトルに『転職』という文字が含まれるメールを検索したいとしましょう。そんな時は下記のように検索ボックスに入力してください。

in:trash subject:転職

ゴミ箱、迷惑メールを含むすべてのメールを検索する

通常の検索範囲には『ゴミ箱』と『迷惑メール』が除外されますが、それらを含む全てのメールから検索したい時に使います。

in:anywhere

ラベルのついたメールを検索する

Gmailではラベルを付与することで、フォルダ分けしたようにメールを扱うことができます。

メールの検索条件はフィルタとして登録することでラベルをつける(フォルダの振り分け)ことも可能です。

label:ラベル名

ラベルが付いているか、付いていないかでメールを検索することもできます。

has:userlabels

has:nouserlabels

Gmailを効率よく整理するために不可欠なフィルタを活用したラベル付け(フォルダ分け)の方法については下記の記事で詳しく解説していますので合わせてお読みください。

メールを自動で振り分け
Gmailのフィルタを活用して受信メールフォルダを自動で振り分ける方法
gmailを使いこなすうえでフォルダ分けは必須です。フィルタをうまく活用してメールを自動で振り分けることでフォルダを整理する方法を写真付きで解説しています。

Gmailの添付ファイルやリンクを含むメールを検索する

添付ファイル付きのメールを検索する

誰かからメールで送ってもらったファイルを探す時など、添付ファイルのあるメールだけを探すこともできます。複合条件として送信者や日付などを加えると目当てのメールをすぐに探しだせて便利です。

has:attachment

添付ファイルの形式や名前で検索する

pdfが添付されているメールを検索したい時

filename:pdf

名簿という名前のファイルが添付されたメールを検索したい時

filename:名簿

Googleのサービスへのリンクがあるメールを検索する

Gmailではgoogleの提供しているサービスである、ドライブ、ドキュメント、スプレッドシート、スライド、Youtubeへのリンクが含まれるメールを検索することができます。

Googleドライブへのリンク

has:drive

Googleドキュメントへのリンク

has:document

Googleスプレッドシートへのリンク

has:spreadsheet

Googleスライドへのリンク

has:presentation

YouTubeへの動画リンク

has:youtube

メールに付与されたステータスで検索する

Gmailで重要なメールを検索する

重要マークのついたメールを検索するには下記のように検索してください。

is:important

Gmailでスター付きのメールを検索する

星マークのついたメールを検索するには下記のように検索してください。

is:starred

既読のメールを検索する

is:read

未読のメールを検索する

is:unread

Gmailで未読のメールを検索する

未読のメールを検索するには

is:unread

スター付き、スヌーズ中、未読、既読のメールを検索します

Gmailで日付検索を行う

指定した日付よりも新しいメールを検索

指定した日付よりも後に送信されたメールを検索

after:

newer:

指定した日付よりも古いメールを検索

指定した日付よりも前に送信されたメールを検索

before:

older:

期間を指定して検索

日(d)、月(m)、年(y)で期間を指定して検索、例えば1週間なら7d、半年なら6m、1年なら1y。

older_than:

newer_than:

Gmailでメールサイズによって検索する

指定したサイズ(バイト)より大きいメールを検索

size:

指定したサイズより大きいメールを検索

larger:

指定したサイズより小さいメールを検索

smaller:

その他の検索演算子

『+』と『-』

検索条件に加えるか、除くかという時に使います。例では米国株というラベルのメールの中から件名にGOOG(googleのティッカーコード)が入ったものを除いて検索しています。

label:米国株 -subject:GOOG

または『OR』

AまたはBといった検索の仕方の時にはORを使います。例では件名にGOOGかAMZNが入ったものだけを検索しています。

subject:GOOG OR subject:AMZN

まとめ

今回紹介した検索条件を組み合わせることでより絞りこんだ検索が可能です。最後に条件を組み合わせた検索例をいくつか紹介します。

例:2020年にpdfが添付されたメールを検索

before:2021/01/01/ after:2020/01/01 filename:pdf

例:米国株というラベルのついたGOOGを件名に含むメールを検索

label:米国株 subject:GOOG

Gmailの検索を極めることで、メールを探す時間や手間を短縮できるだけでなく、メールボックスの整理整頓もしやすくなります。Gmailの一括削除方法や全て既読にする方法についても下記の記事で詳しく解説していますので合わせてお読みください。

Gmailで一括削除
Gmailで不要なメールを一括削除する方法
いつのまにかボックスが溢れてしまいがちなGmailで不要なファイルを一括削除する方法について詳しく解説しました。
Gmailをすべて既読にする
Gmailで未読メールをすべて既読にする方法
受信トレイ内のメールが未読メールで溢れていると大事なメールを見落としてしまいがち、今回はGMailで未開封のメールをすべて既読にする方法について説明します。