iPhoneで誤って削除してしまった写真を復元する方法

iPhoneで削除した画像を復元する方法

iPhoneのストレージ容量を増やすため、不要な画像を整理していたら間違って大事な写真を消去してしまったことはありませんか?削除してしまった写真の復元はできるのでしょうか、復元方法と手順について解説します。

誤って削除した写真を復元する

誤操作で大事な写真を削除してしまうことは誰にでもあると思います。実はiPhoneで削除したファイルは30日間ゴミ箱に残ります。

削除してしまった写真の場所

削除してしまった写真は「アルバム」を開き、一番下までスクロールするとゴミ箱のアイコンに「最近削除した項目」というメニューがあり、その横に数字が表示されていれば、誤って削除してしまった画像がその中にあります。

iphoneで削除した画像の場所

画像を復元する

削除済みの画像を復元するにはアルバム内の「最近削除した項目」を開き、右上の「選択」をタップします。すると下部メニューが削除と復元にかわり、一括削除と一括復元が可能となります。

画像を選択して復元したい場合は一覧から特定の画像をタップするとサムネイルにチェックマークが付き、下部メニューの数値が変わっていき、右下に「復元」というメニューが出てくるのでそれをクリックすれば元のアルバムに画像が復元されます。同様に一枚ずつ画像を開いて確認して復元することも可能です。

まとめ

iPhoneで削除してしまった画像は30日の期間内であればかんたんに復元できることがわかってもらえたのではないでしょうか。

iPhoneは画像フォーマットでもつまづきやすいのでよければ下記の記事もぜひご覧ください。

iPhoneを使いこなすための記事は他にもありますのでよければご覧ください。

iPhoneを使いこなしたい人が知っておきたい知識まとめ
iPhoneを使いこなしたい人が知っておきたい知識まとめ
iPhoneを使いこなす上で知っておきたい知識をまとめました。