スプレッドシートでセルの結合と解除を行う方法

スプレッドシートのセルの結合と解除

スプレッドシートで表などを作成していると見栄えの良いように見出しのセルを結合したくなることがあると思います。今回はセルの結合と解除方法、ショーカットまで解説します。

セルの結合と解除単純なセルの結合と解除

もっとも単純なセルの結合と解除を行う場合は結合、または解除したいセルを選択してメニューから結合ボタンを押すだけです。

単純なセルの結合と解除

結合ボタンの横にある▼マークをクリックして展開すると『すべて結合』、『縦方向に結合』、『横方向に結合』、『結合を解除』の四つの選択肢がありますが、ボタンをクリックした場合は『すべて結合』と『結合を解除』が適用されます。

セルを縦方向に結合する

次はセルを縦方向で結合してみましょう。

縦方向に複数セルを結合する

セルを横方向に結合する

同様に横方向にセルを結合してみましょう。

横方向に複数セルを結合する

メニュー操作からセルの結合を行う

アイコンではなく、メニュー操作からセルの結合と解除を行うことも可能です。

対象セルを選択した状態で、メニューの『表示形式』→『セルの結合』から目的のものを選択します。

メニューからセルの結合と解除を行う

セルの結合と解除のショートカット

対象セルを選択した状態でcontrol+option+Fを押した後に、Mを押し、『すべて結合』ならA、『縦方向に結合』ならV、『横方向に結合』H、『結合を解除』Uを押します。

セルの結合と解除のショートカットキー
  • すべて結合:control+option+FMA
  • 縦方向に結合:control+option+FMV
  • 横方向に結合:control+option+FMH
  • 結合を解除:control+option+FMU

スプレッドシートのショートカットキーについては下記の記事で詳しく解説しています。

スプレッドシートのショートカットキー一覧
スプレッドシートのショートカットキーで覚えておきたい便利なもの
スプレッドシートをマウス操作やトラックパッドの操作なしで効率よく操作するためのショートカットキーについてまとめました。

まとめ

視覚的に閲覧する必要のあるデータでなければ、セルの結合はあまりオススメしません。別のシートやプログラムから参照して処理を行いたい場合に、セルが結合してあることで思った通りに機能しないことがあるためです。

その一方で、報告用の資料だったりプリントアウトすることが前提のスプレッドシートであれば見やすくするために表示形式条件付き書式などを利用して可能な限り見やすく整えてあげると親切ですよね。

スプレッドシートの使い方については下記の記事でまとめていますので併せてお読みください。

スプレッドシートの使い方完全マニュアル
スプレッドシートの使い方 完全マニュアル
スプレッドシート初心者が一通り使えるようになるまでの知識を体系的にまとめました。