WebPをMacのファインダーやプレビューで見えるようにする方法

MacでWebPファイルを見えるようにする

WebPとはグーグルが開発した軽量画像フォーマットですが、MacOSがデフォルトでは対応していないため、画像ファイルをダウンロードしても開くことができません。 ファインダーで画像を確認したり開いたりできるようにする設定方法を説明します。

Macのファインダーで表示できるようにする

MacでWebPファイルを開くために、eminさんという方が開発した『WebPQuickLook』というMacOSXのQuick LookでWebPファイルを表示させるためのプラグインをインストールします。

https://github.com/emin/WebPQuickLook

インストール方法

Macのターミナルを使用してインストールします。 『アプリケーション』内の『ターミナル』を起動し、下記のコードをコピペしてください。

curl -L https://raw.github.com/emin/WebPQuickLook/master/install.sh | sh

Homebrewをお使いの方はこちら

brew install webpquicklook

クイックルックやプレビューでも開けるようになる

クイックルックはファイル選択時にスペースキーを押すだけで中身が確認できる方法ですね。クイックルックで確認できるだけでなくダブルクリックでプレビューが起動してもきちんと開けると思います。 またサムネイルアイコンにも画像が表示されるので便利ですね。

まとめ

WebPはグーグルが開発したフォーマットなのでAppleはデフォルトで対応してないものの、少しづつ利用は拡がっている気がします。今後、スタンダードになっていくかはまだわかりませんが、画像を開けないのは何かと不便ですし、こういう技術的フォーマットはできるだけ統一してくれたほうがユーザーにとっては便利ですよね。

webpの代わりにjpgかpngをダウンロードする
WebPとは?jpgやpngでダウンロード、変換する方法まとめ
インターネットをしていて画像をダウンロードしたらWebPというあまり見慣れないフォーマットの画像ファイルだったことはないでしょうか。WebPとはなにか?WebPの代わりにjpgやpngをダウンロードする方法や変換について解説しています。