Gmailから送るメールに自動で署名が入るように設定する方法

Gmailを送信する時、自分の名前や連絡先を毎回入力するのは面倒です。署名を設定して、必要に応じて編集することで効率が良くなります。 それでは写真をまじえて、そのやり方を説明していきましょう。

設定を行う

まずはwebブラウザでGmailアカウントにログインしてください。 ログインしたら右上の『歯車アイコン』をクリックします。 Gmailの歯車アイコン 『すべての設定を表示』をクリック すべての設定を表示をクリック 設定項目の一覧が表示されます。 デフォルトで『全般』のタブが選択されていますので、そのまま画面を下にスクロールしてください。 設定項目一覧 『署名』という項目が出てくるので『新規作成』をクリックします。 Gmailの署名設定 モーダルウィンドウが出てきますので署名に名前をつけて新規作成します。 例として、ここでは「ビジネス」としました。 署名の新規作成 さきほど作成した「ビジネス」という名前で空のテキストエリアが現れますので、署名として表示させたい項目を自由にレイアウトして入力します。署名は複数作成可能なので、ビジネスやプライベートで使い分けたり、会社やコミュニティなど所属する団体や活動で使い分けるといったことも可能です。 下部には署名を表示させるメールアドレスが選択できるようになっていますので、複数のメールアドレスをGmailで使い分けている場合はアドレス毎に署名を変えたり、新規作成時とメール返信時で署名を切り替えることも可能です。 署名作成画面 一通り作業が終わったら、画面最下部までスクロールし『変更を保存』をクリックしてください。 ※ここで保存を行わないと署名の設定も反映されません。

新規作成で署名が反映されているか確認しよう

これまでの作業で、署名の設定が正しくできているか確認しましょう。 新規メールを作成すると署名が自動的に反映されているか確認できます。 自動的に署名が入らない場合は次のチェックポイントを確認してみてください。 署名が反映された状態

Gmailで署名が反映されない時のチェックポイント

署名が反映されない時は、下記のどれかに当てはまる事が多いので一つずつチェックしてみてください。
  • 署名を作成した後、メールアドレスと署名の組み合わせが正しく設定されていない
  • 新規作成時と返信時の署名選択が「署名なし」になっている
  • 署名設定を変更後、『変更を保存』をクリックしていない。