スプレッドシートのGOOGLETRANSLATE関数で自動翻訳する

スプレッドシートのgoogletranslate関数

スプレッドシートで自動でgoogle翻訳を行ってくれる関数、GOOGLETRANSLATE関数について解説します。

GOOGLETRANSLATE関数とは

GOOGLETRANSLATE関数とはgoogle翻訳を使って自動的に翻訳してくれる関数です。

GOOGLETRANSLATE関数のポイント
  • Google独自の関数
  • テキストの文字列はダブルクォーテーション("")で括る
  • 言語の指定は2文字の言語コードで指定する(en,ja)
  • ソース言語とターゲット言語は省略可能
  • ソース言語は省略するとデフォルトのAutoとなり自動判別
  • ターゲット言語は省略するとデフォルトのシステムで使われている言語になる

GOOGLETRANSLATE関数の使い方

構文は下記の通りです。

=GOOGLETRANSLATE(テキスト, [ソース言語, ターゲット言語])

テキストの部分に翻訳するテキスト、またはセルを指定し、ソース言語に元の言語、ターゲット言語に翻訳先の言語を指定します。

試しに入力した文字を各国の言葉に自動翻訳してくれるシートを作成してみましょう。

googletranslate関数で各国の言葉に自動翻訳する

入力が何語であっても対応できるように、ソース言語のところは『auto』にしています。

=GOOGLETRANSLATE(C2,"auto","en")

少し長めの文章を入力してみましたが、数秒ですぐに各国言語に翻訳されているのが確認できると思います。

googletranslateの自動翻訳の実例

言語コード

使用頻度の高そうな言語コードをまとめてみました。

言語言語コード
日本語jp
英語en
スペイン語es
フランス語fr
ドイツ語de
イタリア語it
中国語(簡体字)zh-CN
中国語(繁体字)zh-TW
韓国語ko
タイ語th
ベトナム語vi
インドネシア語id
フィリピン語tl

DETECTLANGUAGE関数と組み合わせる

google翻訳でソース言語をautoにすることで自動で判別することができますが、DETECTLANGUAGE関数という言語を判別する関数を使うことも可能です。DETECTLANGUAGE関数の構文は下記の通りです。

=DETECTLANGUAGE(テキストまたは範囲)

DETECTLANGUAGEをGOOGLETRANSLATEに組み合わせるには下記のようになります。

=GOOGLETRANSLATE(C2,DETECTLANGUAGE(C2),"en")

まとめ

自動で翻訳してくれるgoogletranslate関数について解説してきました。多国籍な人間のいる職場で、簡単な手順マニュアルを他言語に翻訳したいなんて場合はとても便利です。

他にもスプレッドシートのスクレイピングを組み合わせることで海外のニュース速報の見出しを日本語に自動翻訳したりなんてこともでき、使い方次第でいろんなことが可能ですね。

スプレッドシートの関数の基本的なものを紹介しています。

便利な数式と関数
スプレッドシートで最初に覚えたい便利な基本関数一覧
スプレッドシートで最初に覚えると便利な使い勝手のいい基本的な関数を紹介します。

スプレッドシートの使い方については下記の記事でまとめていますので併せてお読みください。

スプレッドシートの使い方完全マニュアル
スプレッドシートの使い方 完全マニュアル
スプレッドシート初心者が一通り使えるようになるまでの知識を体系的にまとめました。