スプレッドシートのROUND関数で四捨五入を行う

スプレッドシートのROUND関数

計算式が多く含まれるスプレッドシートでは小数点第何位まで表示させるかをコントロールしたいことがあると思います。そんな時にはROUND関数を使用します。

ROUND関数とは

ROUND関数は数値を指定した小数点以下の桁数に四捨五入する関数です。

ROUND関数のポイント
  • 桁数を指定して四捨五入を行う関数
  • 切り上げはROUNDUP、切り捨てはROUNDDOWN関数を使用する

ROUND関数の構文は下記の通りです。

=ROUND(値, 桁数)

には四捨五入して桁数調整の対象となる値で、直接入力するか、セルを指定します。桁数は小数点以下の表示桁数で0にすると小数点以下が四捨五入され表示されなくなります。

ROUND関数の使い方

それではROUND関数を使って円周率の桁数を制御してみましょう。

ROUND関数で四捨五入する

=round(B2,2)

値は円周率の入ったB2のセルを指定、小数点以下二桁まで表示させたい場合は2とします。

値の部分は計算結果のセルにすることも可能です。

まとめ

四捨五入するROUND関数について解説しました。それほど使うことはないかもしれませんが、基本的な関数なので知っておくといいですね。

こちらの記事でスプレッドシートの関数の基本的なものを紹介しています。

便利な数式と関数
スプレッドシートで最初に覚えたい便利な基本関数一覧
スプレッドシートで最初に覚えると便利な使い勝手のいい基本的な関数を紹介します。

スプレッドシートの使い方については下記の記事でまとめていますので併せてお読みください。

スプレッドシートの使い方完全マニュアル
スプレッドシートの使い方 完全マニュアル
スプレッドシート初心者が一通り使えるようになるまでの知識を体系的にまとめました。