twitterアカウントを凍結されないように気をつけたいこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Twitterを趣味だけでなく、ビジネス用のマーケティングツールとして利用されている方も多いのではないでしょうか?
Twitterアカウントの場合、どうしてもフォロワー数が成果に直結するため、無理をしてアカウントを凍結されるケースが後を絶ちません。
どのようにすればアカウントが凍結されてしまうのでしょうか?

気をつけたいこと

基本的にツイッターのアカウントは比較的簡単に凍結されるわりに、解除してもらうのは少し手間がかかります。
ですので、なるべくアカウントを凍結されないような運用をこころがけたいものです。

一気に大量のフォローやアンフォローを行わない

フォロアー数に応じた振る舞いをしよう
たとえば自分のフォロワーが数十人しかいないのに一日に数百人もフォローしようとするとすぐにアカウントが凍結されてしまいます。
作成したばかりのアカウントば多少優遇されている気もしますが、基本的には数時間のうちに50人以上フォローするのは避けたほうが無難でしょう。
また、フォーローバックされないからといって一気にアンフォローするのも危険です。

無差別にフォローしない

フォローする相手は多少なりともあなたの運用するアカウントと共通点があるアカウントのみにしましょう。
多くのユーザーは無差別にフォローしているアカウントをスパムアカウントと認識し、そのうちの何人かは通報するでしょう。
この通報が一定の時間内に集中すると、いとも簡単にアカウントが凍結されます。

広告ツイートだけを流す

宣伝ツイートを自動で流し続けたりするとアカウントが凍結される可能性があります。

DMを無差別に送りまくる

これはしてしまうとスパム通報され、即座にアカウント凍結される可能性が高いです。

ハッシュタグを乱用する

ハッシュタグとは#のあとに文言をつけてツイートすることで、同じハッシュタグのついたツイートをまとめて見なおしたりするのに便利な機能でイベントや議論などでよく使われるのですが、このハッシュタグを使って宣伝したりするなど正当な理由ではない方法でハッシュタグを乱用するとアカウント凍結にあうことがあるようです。

アダルト画像をアップロードする

性器の画像などのアダルト画像をアップロードしているとアカウントが凍結されます。

まとめ

twitterのアカウントは普通に使っていれば、凍結されることはそれほど多くありませんが、稀に誤って凍結されることもあるようです。
その場合は、落ち着いてサポートに連絡すると良いでしょう。

よろしければこちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。